【なぜコロナ検査を簡単にしてはいけないのか?】トイレットペーパー騒動から見えた医療現場のデッドライン

スポンサーリンク

どうもさとしです

いつも楽しい感じの記事を多く書いているのですが、少し真面目な記事を仕上げました。

今回はコロナウイルスについてなぜ大々的に検査しなかったのか?または検査できるのにしなかったのかを個人的な私見を交えて書いていこうとう思います。

まず理解してもらいたのはコロナと騒いでいますがコロナ菌と言うのは普段から大量に空気中にいます。このブログ読みながら息を吸うたびにあなたも吸っているものです。

そのコロナ菌に変異が起きたり、はたまた人工的に手を加えられたのかはわかりませんが、コロナ菌と言うのは常に空気中にいるのは理解しておいてください。

今は新型なのでわからないだけです。

筆者もこの件に関しては記事にするか非常に迷いました

なぜならセンシティブな内容で間違った情報を発信してしまうリスクがあり慎重にならざる負えません。保険かけるわけでは無いのですが、一意見として読んでもらえれば幸いです。

まずはなぜコロナウイルスの検査をしてはいけないのか?ここからいきましょうか。

筆者も2020年1月くらいにはなぜ民間で検査できる病院が日本にはあるのにしないのか?

隠ぺいしたいのか?オリンピックがあるから?などパッと思いつくようなことを思っていました

当然ここら辺のことも関係しているのでしょうが、ある騒動を経てよりそうではないかと思うようになってきました。その騒動とは・・・

 

トイレットペーパー買い占め騒動

 

ある転売屋のTwitterからトイレットペーパーの紙(木)が中国産やからトイレットペーパーもなくなるよ!っと、さも本当のような書き込みがされ間違った情報なのに信じた人達の間違った正義感や大衆心理を巧みに操った情報操作でエライことになりませんでしたか?

トイレットペーパーのメーカーから十分に在庫はありますから皆さん安心して落ち着いて下さい!と正確な情報があったにのかかわらず、一旦不安に駆られだした大衆心理とは怖いもので止まりませんでしたよね?

ドラッグストアやスーパーなどで不安に駆られた人たちの買い占めが日本全国でおき、本当に必要とする人達や無くなったから買いに行こうとした人達が買えない状況になっていたと思います。

そりゃそうですよね?普段ドラッグストアやスーパーの仕入れの仕組みからすると

1月              2月

○○スーパー       ○○スーパー

トイレットペーパーの在庫数

100個 ⇒ 30個販売 ⇒  70個  ⇒売れた30個分だけ発注で100に戻す

 

こんな感じの仕組みでなるべく在庫を抱えず、売れた分だけ発注している仕組みだと思います。

ここに人々が殺到して普段売れている個数以上に買い占めが起きるとどうなるかは皆さんが一番肌で感じられたと思います。この連鎖が起きてありとあらゆるお店から一時的に品薄になりました。

なぜコロナウイルスの話なのにトイレットペーパーが関係あるの?っと疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、これがおおありなのです。

 

もし仮に誰でも簡単に検査が出来るとなると検査キットがまず思い浮かびますよね?インフルエンザとかで使われているやつです。

あれはインフルエンザとはどうゆう症状かとわかっているから簡単に検査できるのであって未知の状態では曖昧な検査しかできない状態かと思われます。それを配布するとなれば…

簡潔に申し上げますと検査キットを大量に配布するとトイレットペーパー騒動で起きたことが医療現場に人が殺到して起きる可能性があります。

なぜなら本来必要のない人までコロナの不安に駆られて検査キットを使い、少しでも可能性があるなら病院に行こうとなりますよね?

今から出る検査キットの精度の高さは知りませんが、1月〜2月くらいには簡易検査キットのサンプルは出来上がっていました。

みんな簡単に言うけれどもこの検査キットの出来上がりの速さは物凄いことなんですよ。

しかし検査精度に問題があり6〜7割ぐらいしか精密に検査出来ないと聞いています。

(3月現時点ではより精度が上がった検査キットが出来上がってるかも知れません)

本来検査とはしっかりと自分の血液を抜き検査会社で何項目もある検査を通り抜けて初めてちゃんとした検査結果が出ます。

しかもコロナについては未知の部分も多く、より何項目もチェックを入れ1人につき6時間以上の検査時間を要しやっと検査が出来ると言う状態だと現場からは聞いています。

こんな状態で精度の悪い簡易キットが市場に出回り出したら…無料で配布などしだしたら…大変なことが起きませんか?

トイレットペーパーの時のように本来医療を必要とする人が適切な医療を受けれなかったり医療現場が大混乱を起こしかねない状況に陥る可能性が出てきます。

税金を納めているからいいだろ?っとか無しで費用の面でも3割負担・1割負担などで残りは国が負担して高価な抗生物質や治療を受けれてますよね?これが心配だからと本来検査が必要無い方まで押し寄せるとどうなるかは皆さんのご想像にお任せします。

大阪の病院では連日コロナ検査は出来ませんと張り紙を張ったりしていますが、毎日のように特に高齢の方から出来ないのか?と問い合わせがあります。このデッドラインが破られると全国で医療麻痺を起こし、医療崩壊までみえてきます。

医療崩壊を起こすと次は経済が止まります。特に都市部の経済が止まると全国で経済が止まり出します。今でも停滞しているのがさらに拍車をかけて止まり出します。

医療費も下手したら10割負担になる可能性すらみえてきますよね?そうなったらお手上げ

日本の円に価値がなくなり明日から力の強い国に使われていくしかない未来まで筆者は見えます。最悪を想定しての話しですが。

現場に看護師や医者の数も当然足りなくなりますよね?すぐに明日にでも増やそうとして増えるものでもありません。

もし押し寄せた場合…最悪院内感染が横行して病院が閉鎖を余儀なくされていくと…寝たきりの人や力の弱い入院している人達はどうすればよいのか筆者は検討も想像もしたくないことが起きだす可能性があるのです。

しかし安心して下さい

皆さんが思っている以上に医療現場はコロナ対策として行政や国の指示を守り検査会社も軒並み足並み揃えて対応しています。

日本の医療はありがたいことに世界トップクラスにいます

そのトップクラスの現場の判断を落ちついて待ちましょう。今出来ることをしっかりとやりコロナになったからと言って差別的な発言をしたりしないで、なったから自分はどうするか?の方に考えを重点的におきましょう。

もしなったらなったらどうするか?自分はどの対応をすれば適切なのか?自身で考えて行動出来るようにすることが一番いまの時期は大事なことかも知れませんね。

まだまだ書きたりないですが、今回はここまで!間違いがあったりするかも知れないので筆者の一意見として読んで頂ければ幸いです。

皆さんの健康とコロナ危機を乗り越えられることを祈っております。

さとし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 医療崩壊もこわいけど、この前の愛知のオジさんの様な人も少なからず居る。
    皆んなが節度を持って対処するしかないですね。

    • KYONさんブログ読んで頂きありがとうございます。本当にそうですよね遊びに行くなとは思いませんが、コロナと診断されているなら大人しく行政の指示を守るべきだとは思います。
      愛知県のおじさんはフィリピンパブにいってしまわれたんでしたよね、、、残念です(-_-)

  • コメントを残す