【塩野義製薬】新型コロナウイルスのワクチン開発に200億円投資決定!日本も国を挙げて開発に後押し

スポンサーリンク

どうも!さとしです(^^)

ちまたではワクチン開発に各国が総力を上げて研究・開発に着手していますね。

中国産の不良品検査キットですら、バカスカ売れたんで、莫大なお金が動くのは目に見えてる…おっと…本題からズレそうなので戻ります。

日本を代表する塩野義(しおのぎ)製薬がワクチン開発に着手

塩野義(しおのぎ)製薬が新型コロナウイルスのワクチン量産態勢を目指すことを決定

2021年末までに年間3000万人分以上生産できる体制を整備することが20日決定された。

本来は年間で1000万人規模のプロジェクトだったが3倍に増産

初期生産数を大幅に増やすことを決めたのは、称賛ありと踏んでるのでしょうか?

今年の11月にも臨床試験を開始予定

あくまでも予定だが、21年秋ごろに発売する予定で、感染の再拡大に備え、国産ワクチンの安定供給を目指す。

同社子会社のUMNファーマ(秋田市)の技術を活用し、昆虫細胞を使ってワクチンを開発。

 

医薬品の受託製造を手掛けるのはユニジェン(岐阜県池田町)の拠点で量産する。

塩野義はワクチン設備投資額について

100億~200億円

経済産業省の補助金も活用。

製薬会社と国の強力なタッグは期待したい。

なお追加投資額は未定なので100〜200億から青天井で増えるかも可能性もある。

新型コロナのワクチン開発は欧米や中国などで進み、もはや戦争並みに競争が激化している。

日本の臨床は慎重に進めていくやり方なので塩野義製薬が今年中に臨床試験に入ることにも期待したいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す