【致死率100%】フィリピンからの帰国者が狂犬病を発症し日本に持ち込み

スポンサーリンク

どうもさとしです!

フィリピンから入国した男性が狂犬病にかかっていると衝撃のニュースが!?

ついこの前もこれだけ新型コロナウイルスが騒がれている中、フィリピン旅行に出かけてコロナ感染し、日本に帰ってきて外に出歩きまくってクラスター感染を引き起こした人がいたのは記憶に新しい出来事…

どんどんフィリピンのイメージが国内で悪くなるので、個人的には嫌ですね。

豊橋市で22日、フィリピンから入国した外国籍の男性が狂犬病を発症していることが確認されました。

豊橋市の佐原市長は「1957年(昭和32年)以降、日本国内での感染者の発症はなく、輸入感染症として海外で感染の原因があり、日本で発症した事例はあるが、最後の事例については平成18年に同じくフィリピンから帰国後に発症したケースで、日本では14年ぶりとなる感染者の確認となる」と説明。

 

驚きを隠せない様子で話した市長だったが「人から人に感染することは通常なく、患者からの感染が拡大することはない。今回の患者についてはフィリピンで犬に噛まれたことから狂犬病に感染したことが分かっている。国内の犬に狂犬病の発生は確認されておらず、日本は狂犬病に関しては正常国。安全な状態なので、このニュースを聞いても安心していただきたい」と述べると、「虚言などに自ら加担しないのはもちろんのこと、惑わされることのないように市民の皆様に心掛けていただけるようお願いしたい」と冷静な対応を呼びかけた。

また市の担当者によると、男性の居住地は豊橋市ではなく静岡市。この男性は令和元年9月ごろ、フィリピン滞在中に左足首を犬に噛まれたということだ。

経過としては5月11日に発症し、18日に友人の車で移動して豊橋市内の医療機関を受診。その後、ICUに入院し、病院の方が症状などから狂犬病ではないかと考え、保健所に相談。19日に検体を採取したのちに、国立感染症研究所にて22日に狂犬病ウイルスの遺伝子が検出されたと。

人から人へは感染しないとされているので冷静な対応で経過を見守ろうとおもいます。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

さとし

スポンサーリンク

コメントを残す