自身を有名にしたい一心でフェイクニュースを流す人々と鵜呑みにしてしまう人々

スポンサーリンク

どうもさとしです!

今回は

フェイクニュース

 

日本でも記憶に新しい

トイレットペーパー事件など数々の情報が出回っていますよね?諸外国でも同じ現象が起きているので、フィリピンを例にピックアップと説明をしていこうと思います。

フィリピンでも有名になりたくてフェイクニュースを流す?

フィリピン政府は、新型コロナウイルスに関して、偽の情報(フェイクニュース)を広めた者は逮捕するとしているそうです。

すでに47人が逮捕されており、現地メディアの分析によると、逮捕された人は今回の騒動を利用して

自身を有名にさせるためにフェイクニュースを出していると。

日本もSNSで共感を得ようとしたり、人気者になるためにコロナ関係などでの発信が目立ちますから同じ現象が起きているのかと思います。

フィリピン政府の発表によると、フィリピン国家警察は3月9日から4月13日までの間で、偽情報の報告や拡散が行われたとして合計で47人を逮捕し、国家警察は、偽りの噂や偽りの情報を広めたりすることは違法であり、これらの情報を拡散されることは人々をパニックにさせて政情不安を引き起こすため、これらのことをしないように呼掛けている。なお、違反者は1カ月から6カ月の懲役、罰金が科せられている。

少し驚いたのがコロナウイルスに関連したフェイクニュースで逮捕された容疑者の中には、公立学校の教師がいたと。

この教師はヘネラル・サントス市で食料供給が不足しているとFacebookに書き込み、保管されていた食品を押収するよう国民を扇動したとしている。また、感染したとされている人のリストを公開した者も逮捕されている。オンライン上で自身が有名になることを意図しているためではないかとしている。

フィリピンで起きた一例を挙げましたが、日本でも同じような現象が起きていますよね?

今回の出来事で自分で考える力って物凄く大事なんだと確信にいたりました。

勿論、筆者もお恥ずかしながらフェイクニュースや嘘に近い情報に

えっ!?これ本間なん!?

 

こんな感じで何回か思ったことや、未だにそう信じていることも多々あると思います。

信じ込みやすいフェイクニュースの特徴とは

いかにもありそうな理由づけされている

諸外国など行ったこともない国を例に上げている

会話の前後を切り取り、一部だけピックアップされている

大体バズっているのはこんな感じで出回っている情報が多いイメージです。

筆者もツイキャスなどで色々話すのですが、リスナーさんには【信じないで】っと言っています。それには理由があり自分自身が間違っている可能性もあるし、保険かけています。

一部から仕入れた情報を鵜呑みにしてしまうと、間違った認識がさらに拡がってしまう可能性もあるから、こんなこと言ってたなぁーぐらいの気持ちで聞いてもらい、後で気になれば自分で調べて納得してもらうのが一番大事だと思うからです。

情報が多い中、いる?いらない?はなるべく自分で考え、調べてインプットするようにしましょう。

勿論、ネットには工作員も紛れているのも忘れずに!!

以上、ここまで読んで頂きありがとうございました。

さとし

スポンサーリンク

コメントを残す