【偽情報に踊らされる愛知県警】誤ったコロナ検査方法を信じて広報課職員が公式Twitterでまさかの発信してしまう!?

スポンサーリンク

どうもさとしです!

最初はコレもネタかと思ったんですが、愛知県警の公式アカウントで間違った情報が発信されていました。

愛知県警広報課が10日、ツイッターの公式アカウントに広報課長名で

「深く息を吸って10秒我慢し、せきや息切れなどの症状がなければ、新型コロナウイルス感染の可能性は低い」

との誤った情報を投稿していたことが13日、分かった。同課は10日夜、ツイッター上で謝罪し、投稿を削除した。

世界保健機関(WHO)は公式ウェブサイトで「10秒息を止めてせきが出なくても、新型コロナや他の肺の病気にかかっていないことにはならない」と警告している。

WHOもたいがいやけど…

県警は投稿の約3時間半後に「その後確認したところ、正確な情報ではない可能性があると判明した」と訂正を書き込でいます。

 

1ヶ月前ぐらいにTwitter上で流れていた偽情報に今頃とゆうか引っかかってしまったんですかね?公式なTwitterなので、皆さん信じてしまう人も多くいると思いますので、これからは気をつけて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • しっかりしなきゃいけないところが
    誤情報に踊ろされるのは勘弁して欲しいですよね。こう言うのって、訂正を出しても、
    誤情報だけが、残って行くんですよね。
    警察たる者、確たるソースの元発信して欲しいです。

    • 確かにどこを信用するかと問われれば公式を信用する人が多いでしょうから、しっかりと確認した上で発信してもらいたいですよね。

  • コメントを残す