【特例】緊急小口資金って何?実際に借りれるの?お金にピンチの方や不安の方へ

スポンサーリンク

どうもさとしです!

今回は緊急小口資金についてブログにまとめてみました。

2020年4月9日に書いているので、色々と今は大変な時期ですよね。

皆さん何となく聞いたことはあるけど、実際にあまり理解していない人が多いのではないのでしょうか?筆者も実はあまりわかっていませんでした。

難しそうな文字ばかり並べられると理解しているつもりでも、実際に行かなければ良くわかりませんよね?

とりあえず学びの場とブログネタになると考え市役所に凸ってきましたので参考になれば是非!

まずはキチンとしたソースから

 

 

緊急小口資金(特例)の概要

ご利用いただける方 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
貸付金額 10万円以内(特別な場合は20万円以内)

特別な場合とは以下のいずれかに該当する場合です
・世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者がいるとき
・世帯員に要介護者がいるとき
・世帯員が4人以上の世帯
・世帯員に下記の①又は②の子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき
①新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、臨時休業した小学校等に通う子
②風邪症状など新型コロナウイルスに感染した恐れのある、小学校等に通う子
・世帯員に個人事業主等がおり、その収入減少により生活に要する費用が不足するとき

利子 無利子
ただし、償還期限までに償還が完了しない場合、残元金に対して年3%の延滞利子が発生します
据置期間 1年(12ヵ月)以内
償還期間 2年(24ヵ月)以内
連帯保証人 不要
貸付できない世帯 ・生活保護受給中の世帯
・この特例による貸付をすでに大阪府及び他都道府県で借りている世帯
・借入申込書、申立書の記載内容が事実と異なる世帯
・破産申立手続など法的整理中の方がいる世帯
・本会が貸付不適当と判断する世帯
送金方法 ご指定の金融機関口座(申込み者名義に限る)に振り込みます
償還方法 原則として金融機関口座引き落としで償還いただきます

申請される方にご用意いただくもの(緊急小口資金)

あき

①本人確認書類 運転免許証、マイナンバーカード等
※顔写真の無い書類、及びパスポートは2点確認をさせていただきます
②新型コロナウイルス感染症の影響を受け収入が減収していることが確認できる書類 減収する前と後の給与明細等、減収されたことを確認できるもの
③印鑑 実印と口座振替を希望する口座の銀行印の2点をご用意ください
④住民票 世帯員全員記載、続柄が明記されていること
外国籍のかたは在留資格・期間が記載されていること
※マイナンバーは記載しないでください
⑤印鑑登録証明書 借受人となるかたのものが原則必要です
⑥銀行通帳またはキャッシュカード 貸付金の振込及び引き落としを希望する口座の通帳またはキャッシュカード
⑦その他 特別な理由で20万円の借入を希望する場合は以下の書類が必要です
○世帯員に新型コロナウイルス感染症罹患者がいる場合
→窓口にお電話ください
○世帯員に要介護者がいるとき
→要介護者の介護保険者被保険者証
○臨時休業となった小学校等へ通う子がいる場合
→特に必要ありません
○世帯員に収入減収した個人事業主等がいる場合
→個人事業主等の収入が減収したことがわかる書類

 

ここまで一部ですが貼り付けといたんですが…イマイチよくわかりませんよね?

 

結局どうしたらいいの?

 

読者の方にはこう感じる方が多いと思います。難しい話は置いといて

凸してきた感じ借りれるか?借りれないかで話すと…ほぼほぼ

 

お金は借りれます💴

運転免許証

・マイナンバーや保険証でも大丈夫

源泉徴収・給料明細・失業を証明できるもの

・シフトを減らされたなどでも大丈夫

・失業を証明できるものならなんでもOK

・今までと収入が変わらないけど減収の可能性があるなどでもOK

住民票

市役所にいけば300円で発行できます

印鑑証明書

こちらも市役所で300円で発行できます

シャチハタは不可能なので実印を持っていき

ましょう。

キャッシュカードまたは通帳

支店名までわかれば大丈夫

通帳の方がより確実でしょうが、カードでも口座番号は書いてあるので支店名だけ把握しておきましょう。

実印もしくは銀行印

ハンコも入ります。実印で銀行印を押されてる方が多いと思います。シャチハタは不可

もしわからない場合は市役所で登録しなおすことができます。

 

この6つは必要なので事前に揃えておきましょう。後は市役所の中にある社会福祉協議会にとりあえず行ってください。電話で予約しとくとかなりスムーズ

 

かなり特例と言うか、他で借金や住宅ローンがあっても話をキチンとすれば

ほぼ100%で貸してもらえる印象でした。

 

あくまで貸し付けなので勘違いされないように気をつけてください。

一年間は据え置きとありますが、まさに言葉通りで例えば(最大10万円小口の場合)

2020年4月に10万円借り入れ

2021年4月まで一年間返済しなくてもよい

2021年5月から利息なし返済開始

2023年5月に利息なし返済終了

こんな感じでの返済プランになっております。返済額は10万円の場合で月々5000円程度。返済も入金された口座から自動引き落とししてくれるのでかなりありがたい。

返済期間で払い終えれば利息がゼロなのも破格の条件ですよね。もし超える場合があっても3%とかなり抑えた金利なので、変な所からお金を借りるよりは絶対にこっちで借りるべきだと筆者は考えています。

デメリットとして

・入金までに1週間〜2週間かかる

・もし万が一返済できなければ世帯を含めて学資保険など社会福祉協議会で使えるサービスなどが返済するまで使えなくなる。

・市役所まで行かなければいけない

デメリットとしてはこんな感じですかね?

 

細かい話は実際に行って確認してみて下さい。人の不安につけ込んだ詐欺などがこれから横行してくると思います。変な所からお金を借りてるより、まずは行政に行ってから考えてください。難しいくしていますが人情はある感じがしました。10万円〜20万円の小口ならハードルはかなり低く設定されていると思いますので、お困りの方や不安に思う方は役所にまず相談されることをオススメします。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました

さとし

スポンサーリンク

コメントを残す