【日本政府】安倍晋三首相が緊急事態宣言を4月6日から準備の段階に入る模様

スポンサーリンク

どうもさてしです!

以前、ブログにも書かせていただいたことが現実になりつつありますね。

2020年4月6日に日本の内閣総理大臣、安倍晋三首相が

緊急事態宣言に向けた準備をして行くと発表がありました。

事実上、緊急事態宣言を出すよ?っと事前に予告しているようにも感じました。

やはり人口と感染者の比率が最小値で都市封鎖した武漢(信じてない)と

対象的に最大値で封鎖し失敗したニューヨークの間か手前ぐらいで緊急事態宣言を出すのではないでしょうか?

 

もし仮に緊急事態宣言が出されても混乱を招かないよう落ちついた行動を心構えましょう。

緊急事態宣言とロックダウンは似てるようで別物です。政府と首相の正しい発表と情報を待ちましょうね。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて安倍総理大臣は、6日にも緊急事態宣言に向けた準備に入ることを表明する見通しです。

緊急事態宣言を出す際には、専門家からなる諮問委員会を開き、期間や区域などを定めた公示案と基本的対処方針の変更案について話しあわれます。

複数の関係者によりますと、政府は、変更案について既に水面下で専門家にも意見を聞きながら検討作業に入っているとのこと。

こうした中、安倍総理大臣は6日にも緊急事態宣言に向けた準備を始めるよう表明する見通しであることが分かりました。

ただ、宣言が出されても

欧米のような都市封鎖、いわゆるロックダウンが行われることはありません。

知事などが行う外出自粛要請に強制力はなく、出歩いたとしても罰せられることはありません。

また、生活に必要な買い物や通勤のための外出はこれまで通り、制限されることもありません。

正確な情報をなるべく集めるようにして下さい。読者の方にもキャスなどで言っていますが、いくつもの正確なソースで確認し、行動するようにしましょう。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す