【射殺許可】マニラロックダウンのフィリピンでドゥテルテ大統領がついに射殺を許可

スポンサーリンク
名前

どうもさとしです!

マニラロックダウンで夜間外出禁止命令や移動制限を守らない人達をすでに

42000人以上逮捕

さらに4月1日現在は射殺命令まで許可しています。正直刑務所もいっぱいで混乱させるなら撃つと言う警告ですね。

日本にいるとありえないと思うかも知れませんが、フィリピンの大統領は本当に実行します。

過去にも犯罪者や法律を守らない者は撃ちまくってましたからね。

フィリピンのドゥテルテ大統領は1日、新型コロナウイルス対策として実施されている移動制限への抗議活動で声明を出しました。

「過激な行動を取れば射殺する」

 

「大統領からの警察と軍への指令は、射殺しても構わない」(ドゥテルテ大統領)

ドゥテルテ大統領は4月1日、記者会見を行い、政府への抗議活動が大きな混乱を招いている「私は射殺を命じることを躊躇しない」

マニラ首都圏を含むルソン島全域では、先月中旬から、都市封鎖に伴う移動制限が課されている模様。

4月1日、ケソン市では生活困窮者らが政府に食料援助などを求める大規模な抗議集会を開いたが、すでに21人が逮捕されていました。ドゥテルテ大統領は、すでに軍や警察などに対し、取り締まり中に身の危険を感じた場合は、銃を使用するよう指示したということです。

フィリピンでは、1日までに2300人の感染を超え、確認されこのうち約100人が死亡。

封じ込めに成功できるのでしょうか?

そこまでやるかは疑問ですが、筆者はあまりにも従わない者には撃ってもいいと許可を与えたパフォーマンスに近いものなのかも知れないと考えております。

まあ…真相はわかりません。

フィリピンは大好きな国でドゥテルテ大統領も尊敬できる人物。

良くなることを期待しております。

さとし

スポンサーリンク

コメントを残す